山口で耐震対策・耐震補強をお考えの方へ

トップページ>山口で耐震対策・耐震補強をお考えの方へ
耐震診断

山口で耐震対策・耐震補強をお考えの方へ

山口県地震被害想定調査報告書に記載されているように、山口県に被害を及ぼす地震は、東南海・南海地震、安芸灘~伊予灘の地震では、いずれも最大震度6弱が想定され、建物倒壊が発生するとされている震度6弱以上の面積率は、東南海・南海地震ではごくわずか、安芸灘~伊予灘の地震では県全域の0.1%と想定される。
活断層については、大竹断層、菊川断層、宇部東部断層+下郷断層で最大震度7が想定され、山口盆地北西縁断層、中央構造線断層帯で震度6強が想定される。建物倒壊が発生するとされている震度6弱以上の面積率が最も高いのは大竹断層で、県全域の15.7%と想定される。その他の断層については、徳佐―地福断層で最大震度7が想定され、震度6弱以上の面積率が最も高いのは佐波川断層で、県全域の24.9%と想定される。

県南東部の周防大島町は、東南海・南海地震で著しい地震災害が生じるおそれがあり、「東南海・南海地震防災対策推進地域」に指定されています。

 

阪神大震災でも、地震による人的被害の9割は、建物の倒壊によるものです。

その被害の多くは、住宅・建築物の倒壊等によるものです。そして、この時倒壊した住宅・建築物の多くは、昭和56 年以前に建設され、昭和56 年6 月1 日に施行された新耐震基準に適合していない住宅・建築物でした。

住宅・建築物を倒壊しないようにすること《耐震化》が、多くの生命や財産を守るために有効かつ効果的な方法です。

山口県では、山口県耐震改修促進計画(平成23年4月一部変更)を定め、特に倒壊の危険度の高い昭和56年以前の住宅の早期耐震化を促進し、各自治体によっては補助を行っております。

 

今後、必ず訪れる地震に対して、万全の備えをお勧めします。

耐震工法レスキュールームは、ご自宅の一部屋だけに特殊な鉄骨を組み込むだけで、まるで巨大な大黒柱が出来上がり、家全体の強度を大幅に向上させ、安全空間の確保ができる耐震シェルター型耐震補強です。
その強度は、耐震診断シミュレーションを用いて、明確にお見せすることが可能です。

また、レスキュールーム本体は耐震シェルターの役割を果たし、電柱の直撃や、隣家の倒壊(自宅は無事でも、隣家が覆いかぶさる)などの最悪のケースでも、この部分だけは押しつぶされる事を防ぎます。
安心は約10日間の工期で手に入ります。

せっかく耐震工事を行うならば、しっかりとした強度の出せる、確実な耐震補強をお勧めします。
山口県で耐震対策・耐震補強をお考えの方は是非一度ご相談下さい。

耐震対策室メニュー


あ行 阿東町、阿武町、岩国市、宇部市
か行 上関町、下松市
※一部離島を除く
さ行 山陽小野田市、下関市,周南市、周防大島町
※一部離島を除く
た行 田布施町
な行 長門市
は行 萩市、光市、平生町、防府市
ま行 美祢市
や行 柳井市、山口市
わ行 和木町

ミニレスキュールーム 耐震診断耐震対策ご相談 価格表資料請求


よくある質問よくある質問よくある質問よくある質問