長崎で耐震対策・耐震補強をお考えの方へ

トップページ>長崎県で耐震対策・耐震補強をお考えの方へ
耐震診断 動画

長崎で耐震対策・耐震補強をお考えの方へ

政府の地震調査委員会は2013年2月1日、九州地域で今後30年以内に活断層が動き、マグニチュード6.8以上の地震が起きる確率は35%との計算結果を発表しました。

 

長崎県耐震改修促進計画にも記載されていますが、長崎県内の活断層による地震規模は、震度6弱以上の区域が長崎市・島原市・諫早市・大村市・雲仙市・南島原市・長与町・時津町で想定され、一部の区域では震度7の発生も予測されています。また、福岡県西方沖地震のように、想定されていない活断層での地震については、M6.9規模の地震が直下で発生した場合の震度予測として、各地で震度6弱、河川の河口に近い地盤の軟弱な地域で震度6強となると想定されています。

 

地震による直接的な死者数の約9 割の方が住宅・建築物の倒壊等によるものです。そして、この時倒壊した住宅・建築物の多くは、昭和56 年以前に建設され、昭和56 年6 月1 日に施行された新耐震基準に適合していない住宅・建築物でした。それにもかかわらず、長崎県内の住宅の耐震化率は、全国平均を大きく下回っています。そこで、長崎県も「長崎県耐震・安心住まいづくり支援事業」を設立し、耐震診断、耐震改修計画の作成及び耐震改修工事に対し助成があります。

 

地震被害者の9割は、建物倒壊によるものです。

今後、必ず訪れる地震に対して、万全の備えをお勧めします。

耐震工法レスキュールームは、ご自宅の一部屋だけに特殊な鉄骨を組み込むだけで、まるで巨大な大黒柱が出来上がり、家全体の強度を大幅に向上させ、安全空間の確保ができる耐震シェルター型耐震補強です。
その強度は、耐震診断シミュレーションを用いて、明確にお見せすることが可能です。

また、レスキュールーム本体は耐震シェルターの役割を果たし、電柱の直撃や、隣家の倒壊(自宅は無事でも、隣家が覆いかぶさる)などの最悪のケースでも、この部分だけは押しつぶされる事を防ぎます。
安心は約10日間の工期で手に入ります。

せっかく耐震工事を行うならば、しっかりとした強度の出せる、確実な耐震補強をお勧めします。

長崎県で耐震対策・耐震補強をお考えの方は是非一度ご相談下さい。

耐震対策室メニュー


あ行 諫早市,雲仙市,江迎町,大村市
※一部離島を除く
か行 川棚町
さ行 西海市、佐々町、佐世保市、鹿町町、島原市
※一部離島を除く
た行 時津町
な行 長崎市、長与町
は行 東彼杵町、平戸市
ま行 松浦市、南島原市

ミニレスキュールーム 耐震診断耐震対策ご相談 価格表資料請求



よくある質問よくある質問よくある質問よくある質問