群馬で耐震対策・耐震補強をお考えの方へ

トップページ>群馬で耐震対策・耐震補強をお考えの方へ
耐震診断

群馬で耐震対策・耐震補強をお考えの方へ

政府の特別の機関・地震調査研究推進本部が発表しました、2012年から30年間に震度6弱以上の揺れに見舞われる確率によると、群馬県でも被害が想定される茨城県沖で70~90%程度もしくはそれ以上とされています。

さらに、平成23年東北地方太平洋沖地震の発生に伴い、その震源域である、三陸沖中部、宮城県沖、三陸沖南部海溝寄り、福島県沖、茨城県沖、三陸沖北部から房総沖の海溝寄りの一部(三陸沖中部から三陸沖南部海溝寄りに至る領域の海溝寄りの部分)では今後もM7を超える余震が発生する可能性があるとされています。

また、群馬県内には活動度が高く規模の大きな活断層として、埼玉県から群馬県にまたがる「関東平野北西縁断層帯」があります。この断層帯は「関東平野北西縁断層帯主部」と「平井―櫛挽断層帯」からなり、関東平野北西縁断層帯主部では、今後30 年以内にM8程度の地震が発ることも想定されています。

 

群馬県耐震促進計画にも記載れているように、阪神・淡路大震災では建物被害が「軽微・無被害」であったものが、昭和56年以前のもので全体の1/3程度であるのに対し、昭和57年以降のものでは約75%と、被害の程度に大きな差が生じました。そのため、県では特に建築基準法改正前の昭和56年以前の住宅の早期耐震化を促進しております。なお、旧耐震基準(昭和56年5月31日以前)で建てられた家に対し、耐震改修補助が各自治体で行われています。

 

阪神大震災でも、地震による人的被害の9割は、建物の倒壊によるものです。

今後、必ず訪れる地震に対して、万全の備えをお勧めします。

耐震工法レスキュールームは、ご自宅の一部屋だけに特殊な鉄骨を組み込むだけで、まるで巨大な大黒柱が出来上がり、家全体の強度を大幅に向上させ、安全空間の確保ができる耐震シェルター型耐震補強です。
その強度は、耐震診断シミュレーションを用いて、明確にお見せすることが可能です。

また、レスキュールーム本体は耐震シェルターの役割を果たし、電柱の直撃や、隣家の倒壊(自宅は無事でも、隣家が覆いかぶさる)などの最悪のケースでも、この部分だけは押しつぶされる事を防ぎます。
安心は約10日間の工期で手に入ります。

せっかく耐震工事を行うならば、しっかりとした強度の出せる、確実な耐震補強をお勧めします。

群馬県で耐震対策・耐震補強をお考えの方は是非一度ご相談下さい。

耐震対策室メニュー


あ行 安中市、伊勢崎市、板倉町、上野村、大泉町、太田市
か行 片品村、川場村、神流町、甘楽町、桐生市、草津町
さ行 渋川市、下仁田町
た行 高崎市、高山村、館林市、玉村町、嬬恋村、富岡市
な行 中之条町、長野原町、沼田市
は行 東吾妻町、藤岡市
ま行 前橋市、みどり市、みなかみ町

ミニレスキュールーム 耐震診断耐震対策ご相談 価格表資料請求


よくある質問よくある質問よくある質問よくある質問