耐震補強の決定版!レスキュールームの性能の実証

トップページ>レスキュールームの性能の実証


耐震補強の決定版!レスキュールームの性能の実証

レスキュールームは耐震強度の実証、検証を確実に行っています。レスキュールーム本体は一番弱い部分でも垂直加重8.53t(2tトラック4台分の重さがかかった状態)でも耐えられる構造になっています。
レスキュールーム本体図

重量1トンのコンクリート柱・15m上空より落下実験→結果 最大歪3cm レスキュールームは垂直加重65t(一番弱い部分でも8.53t)に耐えられることが証明された耐震シェルターです。』

検証

レスキュールームが何故壁倍率最大値5で計算ができるのか?

■6面体鉄骨構造
 柱75角 3.2mm厚の重量 6面体構造
■壁倍率の計算の仕方
 L910=壁倍率9+2.5=11.5

本体との結合金物、壁倍率5.0として既存建物に緊結する為には、プレース構造上部において水平力 Pf=1.961kn×5.0=9.805kn 以上を伝達させる
※以上、L910の構面の場合を1箇所L1820の構面の場合2ヶ所以上を柱に連結する。

レスキュールーム壁倍率について

鉄骨プレーズ構面(1.00m)の有効壁倍率の検証により

鉄骨ブレース構面の有効壁倍率 9.0
構造用合板片面貼
(レスキュールーム標準施工)
2.5

9.0+2.5=11.5
故に、1.00mに対して、11.5の壁倍率


柱引き抜き力、接合部耐力等 諸条件を考慮して1.00mのレスキュールーム壁面は、
壁倍率5.0の壁2.0mに相当する。

  1. (0.65+0.91)×2=3.12≧3.64  壁倍率5.0 3.12mとする
  2. (0.91+0.91)×2=3.64≧3.64  壁倍率5.0 3.64mとする
  3. (0.91+0.65)×2=3.12≧3.64  壁倍率5.0 3.12mとする
  4. (0.91+0.91)×2=3.64≧3.64  壁倍率5.0 3.64mとする

0.7以下の数値を1以上にする難しさと背景

従来からある補強として、筋交いを入れ壁を増したり、耐震金物等を使い補強を進めても、増やす箇所が多く費用もかさみ、数値が上がらないため、工事の提案が進まないこともあります。(助成金等ももらえずに済ましてしまう業者もいるでしょう。)

耐震診断 お見積り依頼はお気軽にご連絡ください。
耐震補強のレスキュールームは、全国各地にて販売施工を承っています。

現在の建物に関する耐震診断やお見積もりや資料請求、 お気軽にご連絡ください。

耐震診断耐震対策ご相談 価格表資料請求


よくある質問資料請求お問合せお電話でのお問合せ

耐震対策エリア別情報

■関東
茨城県栃木県群馬県埼玉県千葉県東京都神奈川県
■東海
岐阜県静岡県愛知県|三重県
■中部
新潟県富山県石川県福井県山梨県長野県
■近畿
滋賀県京都府大阪府兵庫県奈良県和歌山県
■中国
鳥取県島根県岡山県広島県山口県
■四国
徳島県香川県愛媛県高知県
■九州
福岡県佐賀県長崎県熊本県大分県宮崎県鹿児島県