耐震対策でお悩みなら耐震対策室にご相談下さい。特許取得!耐震シェルター型耐震補強工法を紹介します

レスキュールームとはお問合せフォームへ

Sponsored Link
 
耐震診断

少ない予算で高度な耐震補強

木造建築の耐震化工法には様々なものがあります。
主なものとしては、耐力壁やブレースによる補強、制震ダンパーの設置、接合金具に よる補強、基礎の補強などです。私たちは様々な研究を重ね、面で補強するよりも、立方体で補強するほうが合理的と思えるようになってきました。
そして最終的に、補強工事で得られる耐震強度、コスト、耐久性、 工事期間、工事期間中の生活への影響(引っ越しなど)を総合的に分析し、レ スキュールーム工法が全ての工法の中で最も優れていると判断いたしました。

レスキュールーム工法により建物全体の耐震強度は大幅に向上します。(巨大な大黒柱の効果)
私達はこれを、「巨大な大黒柱の効果」として説明しています。
巨大な大黒柱は、歪みが出ている構造物を矯正する役割としても利用できます。

また、レスキュールーム本体は、一番弱い部分でも垂直荷重8.53t(2tトラックが4台乗った状態でも震度7に耐える強度)がありますので、隣家の倒壊で建物がのしかか るようなケースでも、耐震シェルターとして命を守ります。
柱部分は実に垂直荷重65tに耐えます。

弊社ではレスキュールームの施工前に、財団法人日本建築防災協会が推奨する方法で、コンピュータを用いた耐震診断を行います。
この方法では、各階の平面図を元に、家屋全体の構造を正確に入力していきます。
正確な平面図がない場合や、平面図に増改築部分の記載がない場合は、データ作成のための現地調査を行います。
この耐震診断で得られる耐震強度の数値は、高額の費用をかけた精密診断と、ほぼ同一の結果が出ることが統計的に分かっており、信頼性の高い物です。

そこで、弊社ではこの方法を用いた、耐震強度シミュレーションを必ず行う事にしています。
手順としては、まず現状の建物の耐震強度を調査します。その後、レスキュールームを配置する数種類のシミュレーションを行う事により、耐震強度が高くコストが低いポイントを調査・ご提案いたします。
実例はこちらから
レスキュールームの品質管理は、プランニングの段階から始まっているのです。

レスキュールームを検討いただいているお客様には、耐震診断を実費のみ(5000円)で行っております。
(かなり時間のかかる作業ですので、申し訳ございませんが実費だけ頂いております) もちろん、レスキュールーム施工をご発注いただだけた場合には、耐震診断費用はお返しいたします。

工事は全て、弊社の技術講習を受けた工務店が行いますが、お客様の信頼を得るため に、工事の詳細を出来るだけ記録する事にしています。
施工事例はこちらから

「耐震工法レスキュールーム」は、特別な指導を受けた優秀な工務店だけが取り扱える特許製品です。
一般の工務店様ではお取り扱いがごさいません。
耐震対策室から直接お問い合わせいただけると、本部直轄工事として優秀な工務店に担当指示を致します。
また、その他のリフォームのご相談も誠意ある対応でご信頼にお応え致します。
ご不明点がございましたら、お気軽にお問い合わせください。

スポンサードリンク
ミニレスキュールーム耐震診断ご相談 価格表資料請求
ビジネスマッチング

ビジネスマッチングを大阪・神戸・京都などの関西圏でサポートする 関西活性化プロジェクト
スポンサードリンク

よくある質問よくある質問よくある質問よくある質問

レスキュールームで「耐震補強」を行った方の感想を紹介します!


レスキュールームの施工事例!


耐震対策エリア別情報

■関東
茨城県栃木県群馬県埼玉県千葉県東京都神奈川県
■東海
岐阜県静岡県愛知県|三重県
■中部
新潟県富山県石川県福井県山梨県長野県
■近畿
滋賀県京都府大阪府兵庫県奈良県和歌山県
■中国
鳥取県島根県岡山県広島県山口県
■四国
徳島県香川県愛媛県高知県
■九州
福岡県佐賀県長崎県熊本県大分県宮崎県鹿児島県